子供を預ける

 認可外保育施設とは、乳幼児を保育することを目的とする施設であるが、都道府県知事、政令指定都市の市長又は中核市の市長の認可を受けていない施設を総称したものです。


 お子さんを預ける保育施設を決める際には、実際に施設の見学をしたり、各施設に問い合わせるなど必ずご自身で保育内容等を確かめてください。
 保育施設を選ぶときのチェックポイントを掲載していますので、施設を選択する際の参考にしてください。

よい保育施設の選び方 10か条



厚生省児童家庭局保育課
平成12年12月

1 まずは情報収集を
" 市区町村の保育担当課で、情報の収集や相談をしましょう
2 事前に見学を
" 決める前に必ず施設を見学しましょう
3 見た目だけで決めないで
" キャッチフレーズ、建物の外観や壁紙がきれい、保育料が安いなど、見た目だけで決めるのはやめましょう
4 部屋の中まで入って見て
" 見学のときは、必ず、子供たちがいる保育室の中まで入らせてもらいましょう
5 子供たちの様子を見て
" 子供たちの表情がいきいきとしているか、見てみましょう
6 保育する人の様子を見て
" 保育する人の数が十分か、聞いてみましょう
" 保育士の資格を持つ人がいるか、聞いてみましょう
" 保育する人が笑顔で子供たちに接しているか、見てみましょう
" 保育する人の中には経験が豊かな人もいるか、見てみましょう
7 施設の様子を見て
" 赤ちゃんが静かに眠れる場所があるか、また、子供が動き回れる十分な広さがあるか、見てみましょう
" 遊び道具がそろっているかを見て、また、外遊びをしているか聞いてみましょう
" 陽あたりや風とおしがよいか、また、清潔か、見てみましょう
" 災害のときのための避難口や避難階段があるか、見てみましょう
8 保育の方針を聞いて
" 園長や保育する人から、保育の考え方や内容について、聞いてみましょう
" どんな給食が出されているか、聞いてみましょう
" 連絡帳などでの家庭との連絡や参観の機会などがあるか、聞いてみましょう
9 預けはじめてからもチェックを
" 預けはじめてからも、折にふれて、保育のしかたや子供の様子を見てみましょう
10 不満や疑問は率直に
" 不満や疑問があったら、すぐ相談してみましょう、誠実に対応してくれるでしょうか

認可外保育施設の開設

 認可外保育施設については、5人以下の乳幼児を預かる小規模施設や事業所の職員の児童のみを対象とした事業所内保育施設等一部の施設を除き、設置開設した際に必要事項を都道府県に届け出ることが児童福祉法で義務づけられています。
 ※和歌山県では、市町村に権限が移譲されているため、県ではなく各市町村に届け出てください。